関東の指輪工房 についての記事一覧- ページ 2 / 8 - 結婚指輪 手作り工房は関東に沢山

HOME » 関東の指輪工房

関東の指輪工房

シャネルの指輪!シャネルの結婚指輪

シャネルはフランスのブランド

フランスに本拠地を置くブランドは、挙げればきりがありません。中でも日本に馴染み深いのが、シャネルでしょう。黒を貴重としたアイテムは、日本人の好みにヒット。「シャネラー」と呼ばれる人達も登場し、ちょっとしたブームとなりました。
シャネルと言えば、香水やバッグが有名。香水やバッグの知名度と比べると、ジュエリー関係は寂しいものがあるように感じます。でもシャネルのジュエリーは、名品だらけ。指輪を選ぶ際に、シャネルを選択肢から外すのは勿体ない行為と言えるでしょう。
≫ 『シャネルの指輪!シャネルの結婚指輪』

ダイヤモンドの王者が提供している結婚指輪

キング・オブ・ダイヤモンド

「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれるブランド、ハリーウィンストン。結婚指輪として大変人気があり、憧れている方も少なくありません。
しかし憧れはあるものの、ハリーウィンストンとはどういったブランドでしょうか。どんな結婚指輪を取り扱っているかについても、取り上げます。
≫ 『ダイヤモンドの王者が提供している結婚指輪』

おすすめしたい結婚指輪の選び方

失敗できない結婚指輪

結婚をしたのならば、是が非でも手にしたいのは結婚指輪です。しかし結婚指輪は、一生に一度のもの。万が一変な指輪を選んでしまったら、大変どころでは済まされません。店にもよりますが、基本的に結婚指輪の返品は不可能になっています。
では、どうやって結婚指輪を選べば良いのでしょうか。おすすめの結婚指輪の選び方について、取り上げました。
≫ 『おすすめしたい結婚指輪の選び方』

結婚指輪はどこで買えばいいですか?

結婚指輪はどこで買う?

プロポーズが成功し婚約が正式的に決まったら、次は結婚指輪の準備です。一般的な指輪であれば、自分で購入したこともあるでしょう。でも結婚指輪の購入は、大半以上は生まれてはじめての経験。どこで買うのかもわかりません。
そこで結婚指輪を取り扱っているお店について、ご紹介します。
≫ 『結婚指輪はどこで買えばいいですか?』

結婚指輪にまつわるトラブル

聞きたくないワード

なるべくなら聞きたくないワードになるかもしれません。しかしこれから幸せな人生を強く希望しているのなら、避けて通ってはならないワードです。「結婚指輪のトラブル」というワードを。
ちょっとした電化製品であれば、トラブルが起きても何とかなります。店によっては、トラブルのリスクが少ない新品の製品と交換してくれる場合があります。ただ結婚指輪の場合、さすがに「新品と交換」というわけにはいきません。手作りの結婚指輪であれば、なおさらです。なぜなら、世界に1つしかない大切なものになるからです。
≫ 『結婚指輪にまつわるトラブル』

人気の高いピンクの結婚指輪とは

手作りも可能?人気のピンクの結婚指輪

結婚指輪を手作りできる工房で、どのようなものを作れるのかは気になるところでしょう。
デザインはさまざまですが、人気の高いものの1つがピンクの指輪です。
工房によってはかわいい色の指輪を作るにあたって特別な手間も必要なく、簡単にピンク色の結婚指輪を作れます。
このことはぜひ事前に押さえておくといいでしょう。
≫ 『人気の高いピンクの結婚指輪とは』

30代の方にもおすすめの結婚指輪の作り方

結婚指輪ってどうやって作ればいい?

30代になって結婚し、いよいよ指輪を作る段階になった際、どうやって結婚指輪を作ればいいのか迷うことがあるでしょう。
作り方に正解はなく、お店で買っても、有名店でオーダーメイドしてもいいのですが、最近では手作りする方法も人気です。
手作りにしかない特長もあるので、30代の方の結婚指輪作りにもぜひお役立てください。
≫ 『30代の方にもおすすめの結婚指輪の作り方』

結婚指輪を手作りする工房はどんな場所?

工房がどんな場所かわからない

結婚指輪の手作りは、かなり人気があります。指輪を専門的に作ることができる工房は関東にたくさんあり、毎日のように幸せ夫婦が訪れるほどです。
これから夫婦共に人生を歩む上で、結婚指輪は手作りでと考えている方も多いでしょう。しかし手作り結婚指輪は素敵なものですが、見知らぬ場所に行くのは気がひけるものです。そこで工房がどんな所なのか、実際の工房を元に紹介します。
≫ 『結婚指輪を手作りする工房はどんな場所?』

永遠に愛されるアンティークの指輪

流行に左右されないのはシンプルな結婚指輪か?

結婚指輪は何十年と身につけるものになるため、流行に左右されないシンプルなデザインと考えていないでしょうか。シンプルなデザインは、普段指輪をつけ慣れていない人でも抵抗なく身に着けられるデザインです。結婚指輪のデザインの1つとして、候補に挙げても悪くはないでしょう。
しかしあまりにもシンプル過ぎる結婚指輪も、考えものです。そこでおすすめしたいのが、アンティークなデザインの結婚指輪です。アンティークなデザインの指輪も、流行に左右されることはありません。
≫ 『永遠に愛されるアンティークの指輪』

色は国をも動かす

色が国を動かした実例

色が持つ力は、時に国をも動かすこともあります。アメリカ大統領戦で、不利な状況に陥っていた政治家。このままでは相手に占拠で負ける恐れがあります。そこでTV出演の際に、赤いネクタイをチョイス。スーツはネイビーです。当時白黒テレビなので赤いネクタイをされても、何の色かはわかりません。
しかしTVに映った政治家の姿は、はつらつとした印象を植え付けました。新たなるアメリカのリーダーは彼だと確信した国民は、政治家に投票。見事大統領となり、アメリカの国を大きく変えたのです。
≫ 『色は国をも動かす』